インターネット製品の開発や販売を行っているアメリカのIT企業のアップル社のスマホと言えばiPhone。

日本でもiPhoneユーザーが6割以上と言われていますので一番人気があるスマホと言っても過言ではないでしょう。

操作がシンプルなのでスマホデビューをするのにも適しています。

しかしiPhoneを使っていると急に動かなくなってしまうことってありませんか。

今回はiPhoneがフリーズするのはなぜなのか見ていきましょう。

アプリの不具合

iPhoneにはアップル純正のものから各企業などさまざまなアプリが出ています。

インストールすると開けますので利用している人も多いのではないでしょうか。

このアプリに不具合が起きて正常に動かないとiPhoneがフリーズすることがあります。

いくつかのアプリを利用してみて特定のアプリのみフリーズしてしまう場合は不具合が原因です。

iOSのバージョンアップやアプリを再インストールすることで解決することが多いので試してみましょう。

バッテリーの劣化

iPhoneのホーム画面で急に操作することができなくなることがありませんか。

そのようなフリーズの仕方をする場合はバッテリーの劣化が原因と考えられます。

バッテリーが劣化するとタッチパネルの反応が悪くなりますので操作できなくなることも。

バッテリーは消耗品ですので使っている期間が長くなると劣化してきてしまいます。

設定のバッテリーの状態で確認することができますので劣化していたらすぐに交換するようにしましょう。

iPhone本体に問題がある場合も

iPhoneを再起動させるとアップルのロゴが画面に表示されて一定の時間が経過するとホーム画面になります。

しかし再起動させたときにずっとアップルのロゴが画面に表示されたままの状態になることってありませんか。

そのような場合はiPhone本体に問題がある可能性が高いです。

iPhoneを落下させて衝撃を与えてしまった、水に濡れて故障してしまったなどの原因が考えられます。

ずっとアップルのロゴが画面に表示されたままの状態になってしまった場合はすぐに専門の修理店にお願いして対応するようにしましょう。