iPhoneの基本動作は指で画面をタップしますが、触れていないのに動き出してしまうことってありませんか。

この症状をゴーストタッチと呼ばれていてSNSで勝手に投稿してしまうなどの問題が発生することもしばしば。

 

予期することができませんので改善したいと考えている人も多いでしょう。

またゴーストタッチを放置すると大きな問題に発展してしまうことも考えられます。

 

ここではゴーストタッチの解消について見ていきますので参考にしてみて下さい。

ゴーストタッチが起こる原因は?

なぜゴーストタッチが起こってしまうのか原因が分からない人も多いのではないでしょうか。

考えられる原因はいくつかあります。

 

iPhoneは画面がむき出しになっていますので目に見えないところで細かい傷がついてしまうものです。

細かい傷がたくさん付いてしまうと誤作動を起こしてゴーストタッチの症状が出てしまいます。

 

また画面が傷つかないように保護フィルムを貼りますが、気泡ができてホコリが溜まることがありますのでその影響で誤作動が起こるケースもあります。

ゴーストタッチを解消するには?

ゴーストタッチが起こるのは画面に細かい傷がつく、保護フィルムに気泡ができてホコリが溜まるのが主な原因となっています。

そのため画面に細かい傷がつかないような対策をすると効果的です。

 

画面を保護してくれる手帳型のスマホケースを取り付けると細かい傷がつかなくなるのでゴーストタッチの解消にも繋がっていきます。

また気泡ができにくい保護フィルムを貼るとホコリが溜まらなくなりますのでゴーストタッチの症状が収まることも多いです。

ソフトウェアが原因の場合は修理に出そう!

上記と紹介した原因であれば自分で対策をしてゴーストタッチを解消することができます。

しかしソフトウェアが原因でゴーストタッチを起こしている可能性も考えられます。

 

この場合はシステムの不具合によるものですので自分で対策すると端末が故障することも。

それにより機種変更しなければしけなくなりますので余計なことはしない方がいいです。

 

ソフトウェアが原因の場合は修理に出して専門家に見てもらうようにしましょう。