iPhoneは音楽を聴いたり動画を視聴したりすることができますのでイヤホンを使っている人も多いのではないでしょうか。

アップル純正のイヤホンは高音質なので快適な音楽鑑賞や動画視聴が可能となっています。

 

しかしイヤホンは消耗品なので使っていると聞こえなくなることも。

急に起こるケースも少なくないので困ってしまうでしょう。

 

ここではiPhoneのイヤホンから音が聞こえなくなったときにどのように対処すればいいのか紹介していきますので試してみて下さい。

音量がミュートになっていないことを確認

iPhoneは設定で音量を調節することができるようになっています。

状況によっては音を出してはいけないこともありますのでミュートに設定していることがあります。

 

ミュートに設定すると音が出ない状態なのでiPhoneのイヤホンからも当然聞こえなくなります。

この場合はミュートを解除すれば音が出るようになるのでイヤホンが故障しているわけではありません。

 

ミュートに設定していたのを忘れることは意外と多いものなのでiPhoneのイヤホンから音が出ないときはまず確認してみましょう。

接触不良を起こしている可能性も

iPhoneには機種によってはイヤホンジャックと呼ばれる金属端子が付いています。

このイヤホンジャックにイヤホンを差し込んで使用するわけですが、接触不良を起こしてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

 

イヤホンジャックはカバーが付いていませんのでiPhoneを使っている期間が長くなるほど汚れてしまいます。

汚れをしっかり落とせば接触不良を解消することができますので綿棒などを使って定期的にお手入れするようにしましょう。

端末が故障している場合は修理に出す

iPhoneのイヤホンから音が出ない場合は断線している可能性も考えられます。

イヤホンが断線したら交換すれば音が出るようになりますが、もし出ない場合は端末が故障している可能性も。

端末が故障している場合はイヤホンを交換するだけでは音が出ませんので修理する必要があります。

iPhone専門の修理店ではリーズナブルな価格で早く修理してくれるので端末の故障の疑いが出たらすぐにお願いしてみましょう。